癒されたい味のりのブログ

あなたに【笑える一時】と【真面目に考える時間】を提供します 。

「死にたい」と言ってくる死にたがりの友人・彼氏・彼女の対処法

人気記事セレクション

スポンサーリンク

世の中いろいろな人が居るけれど、「死にたい」と言ってくる人に人生で一度は出会うでしょう。 僕のまわりにも結構居ます。 そんな死にたがりの人をいかに傷付けずに対処するかを考えて行きます。

NGワードとNG行動をそれぞれ紹介します。まずはNGワードから。

NGワード1:あっそ。じゃあ、死ねば?

はい、アウト。分かる。非常に分かる。めんどくさいよね?何度も死にたい死にたい言って来られたらうざいよね?でも、言っちゃ駄目です。ぐっと堪えましょう。 そもそも、「死にたい」と言う言葉は「死にたい。」で終わりではなく、「死にたい(くらいに辛い)。」という意味であって本当に死にたい訳では無いのです。

特にTwitterで普段から「死にたい」と呟いている彼女の場合、その傾向はかなり強いでしょう。あなただけに言っているわけではなく、みんなにも言っています。

NGワード2:仕事が辛くて死にたい?死ぬくらいなら仕事辞めたら?

これも駄目。基本的に死にたがりの方々の多くは正論を求めて無いのです。正論は言わないようにしましょう。言った所でこう言われます。

・何で分かってくれないんだよ!
・それが出来たら苦労しないよ!

上記のような極論ではなく、具体的でかつ親切心から来るアドバイスも駄目です。
やっぱりこう言われます。

・それが出来たら苦労しないよ!

いいですか?彼ら・彼女らは我々のアドバイスなど求めてなど居ないのです。

・私はこんなにも大変なんだよ?
・私はこんなにも苦しんだよ?
・私はこんなにも辛いんだよ?

という想いを聞いて欲しいのです。僕も彼女に死にたいと言われ、1日中必死に解決策を考えてアドバイスしたら、そんな事分かってるから!意見なんて求めて無い。聞いてくれるだけでいいの! と言われました。
まさに、小さな親切大きなお世話

NGワード3:頑張って

また、頑張ってと言う言葉も禁句です。頑張ってなんて言った日にはもう大変です。

・頑張ってって言うな!
・頑張れって言われなくたってもう頑張ってるんだよ!
・そういう言葉が人を追い詰めるんだよ!

とヒステリックになってしまい手が付けられなくなります。意味が分からないですか?私もわかりませんが、彼ら彼女らにとって頑張ってと言う言葉は禁句です。

もし応援するのであれば、「偉いね」とか「頑張ってるね」という言葉にしましょう。「頑張って」と「頑張ってるね」は同じに感じる人がいるかもしれませんが全く違うようです。

「頑張って」と言われるとまるで頑張っていないかのように感じ、「頑張ってるね」は努力を認め、褒めてもらっていると感じるそうです。

次はNG行動です。

スポンサーリンク

NG行動1:電源をオフにして寝る

論外です。死にたいという想いが沸き上がって来るのは日中よりも圧倒的に深夜です。深夜に死にたくなりこの気持ちを聞いて欲しいと電話を掛けて来ます。この時に繋がらないと不安が一気に加速します。

・誰か他の人と一緒に居るのでは?
・私の事なんてどうでもいいの?

などいろいろな想いが交錯し、後々厄介な事になります。 僕も毎日のように深夜2時3時に電話で起こされ、泣きじゃくる彼女の話を聞いていた事があります。しかし、その日はどーしても疲れていたのと、次の日が早かった為、電源を切って寝てしまいました。次の日、電源を付けると怒涛のようにメールを受信する携帯

・声聞きたい。
・どーして出ないの?
・浮気してるの?
・私の事嫌いになった?
・ごめん。謝るから電話出てよ。
・死にたい。
・死んでもいいの?
・私のことなんてどうでも良くなっちゃった?

など、一言メールが47件入っていました。
なので、寝る際は着信音量をマックスにしてすぐに電話に出れるようにしてから寝ましょう。

NG行動2:楽しい話をしたり、元気に振る舞う

相手の気持ちが沈んでいるからこそ、自分は元気に振る舞う。暗い雰囲気を絶ちきって、楽しい話で明るい雰囲気にしようと頑張る。これも多くの人がしがちですが、辞めましょう。 空回りするだけです。 何度も言うようで悪いですが、彼ら・彼女らは我々の話が聞きたくて電話して来る訳では無いので、楽しい話題をした所で話に乗って来る事は万が一にもあり得ません。むしろ、帰って来るのは無言です。

僕「そうそう、そう言えばA君がさー
彼女「・・・」
僕「~なんだよ。笑っちゃうよな!
彼女「・・・」
僕「B君も~で
彼女「・・・」
僕「~だったん・・・だ・・・・・・」
彼女「・・・」
僕「・・・」

無理やり頑張った明るい話の先にあるのは、話す前よりも暗い雰囲気です。悪い事言いません。辞めましょう。

さてここまでで皆さま方もだいぶ分かって来たのでは無いでしょうか。
つまり、死にたいと相談された場合、黙って聞く。これに尽きるのです。
もちろん、途中途中で共感してあげましょう。ずっと無言だと、

・ねぇ!?人の話聞いてるの!?
・興味無いんだね。

なんて事になるので、相槌をうちながら、途中途中で、「うんうん。辛かったね」。とか、「うんうん。分かる分かる。」と言ってあげましょう。
大切なのは、相手の言葉に共感する事と、アドバイスなど余計な事を言わない事です。
死にたいという人が居たら、これらのルールを守り、適切に対処しながら癒してあげてください。
癒し方は人それぞれだと思うので、その先は皆さま方の努力次第です。