読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癒されたい味のりのブログ

あなたに【笑える一時】と【真面目に考える時間】を提供します 。

たった3年半で1000万貯金した私の貯金術

人気記事セレクション

スポンサーリンク

皆さんは貯金していますか?

貯金をガッツリためている人や、貯金したいとは思いつつ使ってしまう。いろいろな方がいらっしゃると思いますが、私は20代後半の時に貯金1000万を達成しました。今回は私が3年半でどうやって1000万円の貯金に成功したのかを教えたいと思います。


毎月の貯金額を決める

まず最初に貯金したい金額を決めましょう。つまり「給料-貯金する金額=今月使える金額」となるわけです。今月使える金額から家賃や食費、水道光熱費などを捻出します。

朝早くから夜遅くまで仕事をする

私は基本朝9時から午前0時まで働いています。朝から晩まで働くと何がいいのか?それはお金を使う暇が無い事ですね。朝から晩までずっと仕事場に居ますので娯楽施設等の誘惑に惑わさせる心配もありません。私の場合残業代は付かないのですが、残業代が付く方は貰えるお給料も増えてウハウハですね!

休日は一日寝て過ごす

休日の過ごし方ですが、皆さんはどうお過ごしですか?電車に乗って東京へ行って買い物や友達と飲んだりですか?無駄ですね!お金の無駄使いです。本当にお金を貯めたい人は休日は外へ出るのは控えましょう。電車に乗るにもお金が掛かりますし、外食代もやはり宅飲みするのとは比べ物にならないくらいお金が掛かります。二人で飲みに行って割り勘をしたとしても一人4000円~5000円程度は使ってしまいます。なので休日は布団の中でゴロゴロしましょう。寝て過ごす事の最大のメリットはお腹が空かない事です。私は休日は基本的に夜一食だけの生活で、朝とお昼は食べません。これにより食費もかなり抑えられます。

タバコを吸わない

タバコは百害あって一利なし。お金も掛かりますし、健康面を考えるとメリットゼロです。辞めましょう。ただし、毎月使える金額に余力がある場合は吸っても構いません。無いなら辞めましょう。

お酒を飲まない

お酒もやはりお金が掛かりますのでできれば飲まない方がいいでしょう。ただし、毎月使える金額に余力がある場合はこの限りではなく、毎月の貯金額を確保できるのであれば構いません。友達の飲みに行きたい場合は「宅飲み」をする事で出費を抑えましょう。余力のお金が無いならお酒は辞めましょう。

恋人を作らない

お金を使うもの・・・それは恋人です。恋愛、同棲、結婚式、子育て。恋人を作るとプレゼントをしたり食事を奢ったりと兎に角お金が掛かります。さらに子供を作った場合、子供が成人するまでに1000万以上掛かると言われています。なので恋人を作らずに掛かるお金をすべて貯金に回しましょう。

趣味にお金を掛けない

フィギュア集めやアイドルグループの追っかけなどお金が掛かる趣味を持ってしまうと一瞬でお金が飛んで行ってしまいます。なのでお金が掛からない趣味にしましょう。ネットサーフィンや将棋、囲碁など、とにかく毎月の固定費が掛からなければ大丈夫です。私はネットサーフィンと将棋が趣味なので一人将棋やネット将棋、友達と将棋対決をしたりして遊んでいます。ブログに関する知識や将棋に関する知識をネットで調べていると一日すぐに過ぎてしまうので楽しく一日を過ごせます。

洋服にお金を使わない

ファッションに敏感な人は毎年毎年の流行を追いかけますので結構な金額になると思います。なのでトレンドは追いかけず、春用、夏用、秋用、冬用を用意したら毎年それの使いまわしをしましょう。私は普段仕事はスーツ、休日は家にいるだけなので洋服代がほとんど掛かっていません。

保険は一切入らない

貯蓄が溜まってきたら入っている保険はすべて抜けて構いません。保険に入るのはいざという時にお金を出せないからです。500万や600万をポンと出せるなら特に必要ありません。高額療養費制度などもありますしね。もし仮に1000万以上使っても治る見込みが無いような病気に掛かった場合は私はその時は潔く諦めようと思っています。

まとめ

いかがでしたか?貯金が出来ない出来ないと嘆いている方も、人並みの収入さえあれば、人生すべてを捨てる覚悟があるなら貯金は可能です。上記の事を実践すれば必ず貯金できます。しかし、恋人も作らず、何もせず、ひたすら貯金だけをし続けて老後を迎えた場合、人生において何か残ったかと言われれば、たぶん何も残らないでしょうし、孤独死一直線のエリートコース間違い無しです。

どうしても貯金がしたい場合はあらゆるものを犠牲にすれば達成可能です。それが良いかどうかは別として・・・ですが。

まあ、何事もほどほどが一番ですね。
私も1000万の貯金ができた後は、上記のような生活は辞め、貯金が1000万を下回らないようにお金を使って人生を楽しんでいます。
私の貯金術は少しやりすぎですが、やはり貯金があると安心感が違いますので皆さんも適度に貯金を頑張っていきましょう!