読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癒されたい味のりのブログ

あなたに【笑える一時】と【真面目に考える時間】を提供します 。

一度はしてみたい中二病的セリフやシーン【アニメや漫画】

人気記事セレクション

スポンサーリンク

漫画の主人公に自分を投影した事ありますか?
僕はあります!!!

こういうセリフを言ってみたいとかこういうシーンに憧れるとか、いろいろ日々妄想している事を書きます。一人でも共感してくれる人が居たらいいな!


敵に煽られた時の対処法

主人公はどうしても絡まれ体質になりやすいので雑魚によくちょっかいを掛けられます。敵がいろいろといちゃもんをつけてくるが、僕は無視。雑魚は雑魚らしくさらに興奮して僕に対して殺すぞ!といきがります。その時に軽く目を瞑り、開いた瞬間!夏なのにも関わらず全てが凍りつき一面白銀の世界に。そして一言敵に向かって言うのです。

殺す?お前が俺をか?

そして相手はその圧倒的パワーにビビッて何もいえなくなるのです!!!圧倒的魔力!!!くうううううううううううかっこいいいいいいいいいいいいいいいい。実際に対戦するまでもなく相手に伝わる圧倒的な力の差!!!圧倒的強者!痺れますわぁ

命と引き換えに手に入れる力

ナルトの「八門遁甲の陣」など死を引き換えに全てを圧倒する力を手に入れる・・・これもやはり一度は憧れるシーンですね!敵に追い詰められ、このままでは仲間もろとも全滅してしまう。そんな危機的状況を切り抜けるには自分の会得した究極の業を発動するしか無い。しかし!一度発動すれば死に至る。その葛藤で中々発動できないのだが、ついに決意するのだ。

敵「他愛も無い、これで終わりだ・・・はっ!?(何かに気づき振り返る)」

振り返ると圧倒的なオーラを身にまとった僕が!!!

敵「その瞳・・・そのオーラ・・・まさか貴様・・・」

そして仲間たちも僕が死と引き換えに放つ最大のオーラに気づき

仲間「味・・・のり・・・お前・・・なんで」
僕「(仲間に向かって)後は任せたぞ」
僕「(敵に向かい戦闘態勢に入り)悪いが・・・地獄に付き合って貰うぞ

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおかっけえええええええええええええええええええええええええええええ
かっこよすぎる!!!人生で一度は言ってみたい「地獄に付き合って貰うぞ」頂きましたああああああああああああああああああああああ

ピンチを前にその高貴な正体を明かす

その産まれを隠している主人公多いですよね?最近のアニメもその圧倒的なパワーを隠して普通の男の子として振舞う。そんな主人公が多いのはやはり世の中の男性も憧れているからですね、きっと。

敵に敗れそうになる仲間を前に、ついにその正体を明かす時が

敵「どうした?こんなものか?お前たちの言う力というものは」
仲間「くそ・・・もうダメだ・・・勝てない」

そこへ僕が颯爽と現れるのです

仲間「味のり!!!どうしてきた!逃げろ!お前じゃ勝てない!!!」

くー定番ですねー。僕の身を案じてくれる仲間。逃げるまでの時間稼ぎをしてくれるパターンですね。

味のり「大丈夫。僕がみんなのこと守るから」

はい。来ました。基本的に正体を隠している主人公は人畜無害。いい人オーラを身にまとっている人が多いので今回も口調は優しい感じで行きましょう。やはり今の時代、オラオラ系よりさわやか系男子のほうが高感度はいいですからね!

敵「誰かと思えばさっきの餓鬼か・・・のこのこと出てきておって、逃げ回っていれば良いものを」

はい「誰かと思えばさっきの」頂きました!!!定番ですね!

僕「決めたんだ。僕はもう・・・逃げないって!

はい、来ました。力を解放する前の前振りですね。まあ、この台詞言っておかないと袋叩きに合いますからね。そんな力持ってるならさっさと助けに来いや!って。でも大丈夫!力を振るうことに対して明らかに過去にトラウマがあるようにかもし出せば誰からも批判されません。

そしてあふれ出す魔力と体に浮かび上がる紋章

敵「その紋章・・・なるほど・・・貴様、王家の生き残りか」

そうなのです!何を隠そう僕は王家の血筋だったのです!平民の出などでは無いのです。通りで気品があると思ってました。

妄想が終わらないので終わり

このままだとずっとやってそうなので、ここら辺で終わります。中二病最高やで!

中二病あるある

中二病あるある