読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癒されたい味のりのブログ

あなたに【笑える一時】と【真面目に考える時間】を提供します 。

高学歴の公務員が10代の女子達を喰いまくりの実態を晒す【エピソードあり】

人気記事セレクション

スポンサーリンク

最近始めたツイッター。社会人になってから始めたからか、今更ながらハマってしまってアルバイトの女子達にツイッターの話題を振った所ツイッターの恐ろしい闇を聞いてしまった。

ウチの会社でアルバイトをしている高校2年生の女の子もまたツイッターをやっているらしく、昭和産まれの僕からしたらありえないのだが、住んでいる都道府県や顔写真なども公開していたのだ。こういっては何だが、その子は読者モデルかな?って言うくらい可愛い。そんな可愛い子にある日ツイッターでリプライがあったらしいのだ。


その服いいね!

何と彼は顔ではなくファッションを褒めてきたのだ。孔明な皆さんなら分かるはず。そう、これはだ!君可愛いね~なんてコメントから入ってお近づきになれる可能性はゼロ。だからこそこのエリート君は顔ではなくファッションからせめてきたのである。そして話しをしていく内に相手のスペックが明らかになっていく。

名前:高学歴 エリート
出身大学:日本屈指の名門大学
職業:地方公務員
年齢:26歳
身長:182cm
顔:イケメン
体系:細身

なんという高スペック!こんな人間が存在していていいのかと疑うレベル。むしろ僕と変わって欲しかった。いや、まあ、その話しはひとまずおいておいて、このエリート君と話している内に顔がイケメンだけじゃなく、性格まで温厚で優しい事が判明し、女子高生ちゃんはのめり込んでいってしまったらしい。そしてツイッターで知り合ってからわずか1ヶ月での相手からの会おうよというお誘い。

はは、馬鹿め。ウチのアルバイトちゃんはチョロインなんかじゃないぞ?そんなバレバレの出会い厨にひっかかるわk・・・引っかかったー!

何と女子高生ちゃんは会うことを承諾。原宿デートをすることに。くー原宿とかさすがリア充ですな。僕なんてデートするならきっと池袋のジュンク堂で漫画・小説を読み漁るに違い無い。

そのデートの帰り際、エリート君は女子高生ちゃんに告白。

はは、馬鹿め。デートできたくらいでいい気になりおって、ウチのアルバイトはチョロインじゃないぞ?そんな会って1日程度の関係の男の告白など受けいれるわけg・・・受け入れたー!

なんでだよおおおおおおおおおおお。もっと慎重になれよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお。まだ相手のことなんて全然分からないじゃないか!!!性格なんて1日2日なんて偽れるんだぞ???本心隠して行動するなんて朝飯前なんだぞおおおおおおおおおおおおおおお。

しかし、付き合ってしまったのは仕様がない。そうだ。出会いなんてどーでもいいのだ。結果よければ全てよし。幸せになれば問題ない。そうだ、二人が相思相愛のカップルであれば何の問題も無いのだ。

しかし、付き合ってわずか1週間でエリート君と女子高生ちゃんとの間でいざこざが起こる。

何とこのエリート君。ツイッターで知り合った女子大学生とお泊り旅行に行ってしまったのだ。しかも、その光景を隠すこと無くフェイスブックで公開するという鬼畜っぷり。

当然そのことに女子高生ちゃんは激怒。それに対して、彼の主張は「いや、女子大学生ちゃんとは君と付き合う前から約束していた。それにホテルに泊まっただけでやましいことなんて何もしていない。だからこそ隠さずフェイスブックにも載せていた」との事。付き合う前だろうがなんだろうが、関係ない!そんな子供騙しが通用すると思うなよ!!!こっちから別れを告げてy・・・やらなかったー!

女子高生ちゃんは何とその話を聞いて丸め込まれ、しぶしぶながら納得してしまったのだ。何でだ・・・女子高生ちゃん・・・いい子過ぎるぞ・・・

しかし、エリート君の快進撃は止まらない。

後日、エリート君は女子高生ちゃんをお泊りデートに誘う。しかし、さすがにこれは女子高生ちゃんも拒否。まだ未成年であることを理由に、お泊りデートを拒んだ。するとどうだろうか。このエリート君、一気に不機嫌モードに。いろいろと文句を言われたらしいが、女子高生ちゃんは「ごめんなさい」と謝って穏便に過ごす。そしてこの時点で賢い皆さんはお気づきだろうが、このエリート君相当なアレである。しかし、そんなどーしようもない男代表のようなエリート君に愛想が尽きること無く付き合い続けた女子高生ちゃん・・・恋は盲目というか何というか。

だが真の快進撃はここからなのである!

一泊デートから何とか逃れたそんなある日。女子高生ちゃんは一人で新宿にお買い物に。そしてたまたま彼氏であるエリート君に出会う。隣に若い女性が居たのが気がかりだが、彼女として挨拶するのは当然の流れである。そして女子高生ちゃんはエリート君に挨拶するべく近づく。

女子高生ちゃん「あ、えりーt・・・
エリート君「ちょっと!ちょっと待って!今話しかけないで!」

何とこのエリート君。小声で話しかけてこないでアピールをしてきたのだ。本当に相当アレな男だなと話しを聞いていて思わず笑ってしまった。心優しい女子高生ちゃんはここで何と引き下がってしまったのだ。心にもやもやを抱えたまま帰宅。しかし、どうしても納得がいかず、LINEで問い詰める。そして問い詰めた結果、エリート君の迷言が炸裂する。

エリート君「ああ、そうだよ!浮気してたよ!だからってそれが何だよ! 浮気だってメリットあるじゃん!

「浮気だってメリットあるじゃん!」・・・迷言ですね。初めて聞きました。メリット・・・?アレですか?保険的な意味でですか?ふざけないで頂きたい。メリットがあるのは女性達を弄んでいる貴方だけです。

女子高生ちゃんは号泣。そして別れを決意。別れを告げる。

それに対してエリート君の追い込みはこれだ。

「別れる前に購入したチケット、半分払ってね。もう他人なんだし。キャンセルきかないから他の誰かと行ってきなよ。俺も誰か誘っていくから」

このチケットとは、一緒にいこうねと、エリート君の驕りで前に購入していたペアチケットのことである。

僕は問いたい。

あなたは本当に血の通った人間ですか?と。

その後、別れた後、エリート君はツイッターで知り合った他の女子高生と付き合うことに。

付き合った後に女子高生ちゃんのLINEに送られて来た言葉がこれだ。

エリート君「新しい彼女出来たから、もう連絡してこないでね。彼女が心配するといけないから」

女子高生ちゃん「はぁ???

心優しい女子高生ちゃんもついにぶち切れ。そりゃそうだろう。誰もおめーに連絡しねーよ。そう誰もが思っただろう。エリート君にも無事?彼女が新しくでき、平穏な日々が戻るかと思いきや、これで終わらないのがエリート君である。

数ヵ月後、こんなLINEが送られてきたらしい。

エリート君「彼女とうまく行ってない。君に会いたい。」

何と、アレだけ振り回して置きながら、またしても会いたい宣言。どういう性格しているんだまったく。しかも驚くべきことに女子高生にLINEを送ってきた時点ではまだ現彼女と別れていないのである。もはやここまで来るとすがすがしい限りである。これに対して女子高生ちゃんからどうしたらいいですか?と相談されたので

僕「会いたいなら会ってもいいと思うけど、行き着く先はどう足掻いても地獄だよ」

とアドバイスしたところ、彼女はエリート君とは会わないという決断をしてくれた。

このエリート君、女子高生ちゃんに話を聞く限り、ツイッターで知り合った女子高生&女子大学生の恋人は10人以上居るらしい。いやはや、高学歴でイケメンだとここまでモテるものなのか。まあ、性格は完全にアレだけど。

世の中の女性諸君。くれぐれもご注意を。