読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癒されたい味のりのブログ

あなたに【笑える一時】と【真面目に考える時間】を提供します 。

家飲みワインに必要なおすすめグッズ10選【ワイングラスやソムリエナイフ、その他を紹介】

人気記事セレクション

スポンサーリンク

家でワインを飲むのに役立ついろいろなグッズを紹介します。

・ワインのグラスは何を買ったらいいの?
・一人で飲むから二日間に分けてワインやシャンパンを飲みたいけど、次の日に酸化したり炭酸が抜けたりしてしまうのを防ぎたい。

今回はそんな問題でお困りのワイン初心者のための記事です。

紹介商品はクリックするとAmazonや楽天市場の該当商品の所へ飛びます。

ソムリエナイフ

ワインの飲む前にワインを開けないといけませんよね?まずはソムリエナイフを購入しましょう。ソムリエナイフはあまり高価なものでなくて構いません。もちろん値段が高く品物が良いものは手にフィットしますし開けやすいですが、それはおいおいで構いません。私も安いソムリエナイフから高いソムリエナイフまで5個ほど所有していますが、安いからと言ってワインを開けられないわけではありませんのでご心配なく。

スーパーのワインコーナーで売っているものでも十分ですので、ワインを買いに行くついでに買うとよいでしょう。もしAmazonで購入をお考えの方はAmazonの商品リンクを張っておきますのでそちらから購入してください。


ワイングラス

では次に、ワインを開けた後何で飲むのか?もちろんそれはワイングラスですよね。もちろんワイングラスで飲まないといけないという決まりはありませんので、マグカップでも構わないという方は無理に購入する必要はありません。ですが、やはりワイングラスで飲んだ方が雰囲気も出ますし、何よりワイングラスで飲んだ方がやっぱり美味しいので、私のおすすめワイングラスを紹介しますので、まだワイングラスをもっていない方は購入を検討されてはいかがでしょうか。

ちなみに、今回紹介するグラスは

・白ワイン用
・赤ワイン(ボルドー)用
・赤ワイン(ブルゴーニュ)用
・シャンパーニュ・スパークリングワイン用

の以上四点です。「えええええ。そんなに種類別に買わないといけないの?」と思われた方もいるでしょうが、ワインの特性がそれぞれ違いますので、飲む種類に合わせてグラスも変えた方が良いです。もし、そんなにグラスにお金はかけていられない!そもそもグラスを置く場所がそんなにないし気にしない!というのであれば、今回紹介する「白ワイン用」か「赤ワイン(ボルドー)用」のどちらか好きな方を購入し、ワインは全種類それで飲み、シャンパーニュやスパークリングワインのみ「シャンパン用」を購入し飲むとよいでしょう。

白ワイン用グラス紹介

紹介するのは、「リーデル (RIEDEL) オヴァチュア ホワイトワイン 280ml 2客セット」です。


白ワインは冷やしてから提供され、また飲んでいる最中もワインクーラー(簡単に言うとバケツに氷が入ってるやつ)で冷やし続けます。つまり、白ワインは冷えてる状態で飲むのが一番良いのです。なので白ワイン用のグラスは冷えてるうちに飲み切れるよう容量の小さい(ぬるくなるのを防ぐ)ワイングラスが最も適しています。

赤ワイン(ボルドー)用

紹介するのは、「リーデル (RIEDEL) ヴィノム カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロ (ボルドー) 610ml 2個セット」です。


白ワインとは違い赤ワインは常温(とは言っても18℃)で飲むのが良いとされています。なぜかというと、赤ワインには白ワインよりもタンニンが多く含まれており、冷やしすぎると渋みが強まってしまいます。なので常温で飲むのです。また、白ワイン用のグラスより赤ワイン用のグラスの方が大きいのにも理由があります。赤ワイン用のグラスが大きいのはできるだけ空気に触れる面積を大きくして酸化を促す(味わいや香りを引き出す)ためです。

赤ワイン(ブルゴーニュ)用

紹介するのは、「リーデル (RIEDEL) ヴィノム ピノ・ノワール(ブルゴーニュ) 700ml 2個セット」です。


ブルゴーニュ用のグラスは大きく膨らんでいるのが特徴です。ブルゴーニュワインはボルドーワインよりも酸味が強いので、飲んだ時に舌の両端にある酸味を感じる部分ではなく、舌の先端部分にワインが触れるようにこのような形をしています。また、大きく膨らんでいるのでワインが空気に触れる面積も大きく、ブルゴーニュワインの香りを最大限引き出します。ブルゴーニュワインはボルドーワインよりもグラスに対する要求が高く、このブルゴーニュ専用グラスを使う事で初めてブルゴーニュワイン本来の味や香りを堪能する事が出来ます。

シャンパーニュ・スパークリングワイン用

紹介するのは「リーデル (RIEDEL) ヴィノム キュヴェ・プレスティージュ(ヴィンテージ・シャンパーニュ) 230ml 2個セット」です。


シャンパーニュ用のグラスは縦に細長いのが特徴です。これは、泡が長く持続するようにと設計されており、シャンパーニュを飲む際にこのグラスが泡の立ち上がりが一番綺麗ですので、シャンパーニュやスパークリングワインを飲む際はこのタイプのグラス以外考えられません。

酸化や炭酸が抜けるのを防ぐ

友達や恋人と飲むなら大丈夫でしょうが、一人でワインを飲む際に困ってしまうのは、飲みきれない事です。例えば、スパークリングワイン750ml・・・以外と飲みきれません。もちろん、ハーフボトルなどもとから容量の少ないものを選べばよいのですが、種類によってはハーフがそもそも無い場合もありますし、当然フルボトルの方が同じ量を飲むなら安いです。

そこで、飲み残したワインやシャンパーニュを次の日も美味しく飲むためのグッズを紹介します。

ワインの酸化を防ぐ

紹介するのは「VACUVIN バキュバン ストッパー1個付き V-15」です。


使い方は簡単で、ストッパーをワインボトルの先端に付けてバキュームポンプを数回上下するだけです。Amazonの説明にはポンプを引いて重たくなったら完了みたいな事が書かれていますが正直わかりません笑。でも大丈夫!空気が抜けたら「カランカラン」と音が鳴るのでちゃんとわかります。

炭酸が抜けるのを防ぐ

紹介するのは「VACUVIN シャンパンセーバー」です。


シャンパンの先端に付けるだけなので単純明快。一度開けたボトルの飲み頃が1週間程度は続くとされているので安心ですね。最も私は開けたら2,3日で飲んでしまうので1週間後の味は試していませんが、2,3日程度ならちゃんと炭酸がキープされています。

ワンランク上の宅飲みへ

以上、ここまでで家で飲むために必要なグッズはそろったのですが、もうワンランク上の宅飲みを実現するためのグッズを最後に紹介します。
ここからは、必ず買わなきゃいけないというわけでは無いので、必要に応じて購入を検討してみてくださいね。

デキャンタージュ(デキャンティング)

デキャンタージュは空気に触れさせて熟成を促進する目的で行われます。長い熟成期間を要したワインは開けてすぐには本来の味わいを発揮できません。その状態を一般的には「ワインが閉じている」と表現され、この閉じたワインを開くためにデキャンタージュを行います。では、長い熟成期間が必要な上質なワインしかデキャンタージュをやる意味がないかと問われればそうではありません。若いワインであってもデキャンタージュをする事によって香りが十分に引き出され、またトゲトゲしい味もマイルドになります。

デキャンタージュと言われてドラマで行うような容器に移し替えるのを想像するかと思います。もちろんそれが一般的ではありますが、今の時代、簡単にデキャンタージュを行えるグッズがありますのでそれを紹介したいと思います。

なお、このデキャンタージュは、一般的にはボルドーワインで行われ、白ワイン・ブルゴーニュ・シャンパーニュでは行いません。

紹介するのは、「ポアラー ワインエアレーター 瞬間デキャンティング エアーブレンド」です。


この商品の良い所はボトルに取り付けて注ぐだけという手軽にデキャンタージュができる点です。容器に移し替えるタイプでも良いのですが、初心者には敷居が高いですし、場所も取ります。あと洗うのが少し面倒です笑。なので買ってみたはいいけど使わない・・・なんて事になると場所も取りますし、お金ももったいなので私はこちらをおススメします。私自身めんどくさがりなので、両タイプもっていますが最近はいつもこれを使っています。

また、おいおい!なんだこのチープな感じは!俺はレストランでやっているような本格的なのがやりたいんだ!という方のために、もう一つ紹介しておきます。

それが、「Bormioli Rocco (ボルミオリ・ロッコ) プレミアム ≪ デキャンター ≫」です。


いろいろとデキャンターを買いましたが、これが一番見た目が美しく、ワインを注ぐとテーブル映えします。ただ、ワインを入れるとかなり重たくなりますので取り扱いには注意してください。

デキャンター・・・家飲みワインをワンランク上の宅飲みへするために買ってみてはいかがでしょうか。

ワイン・シャンパンを冷やす

ワインを冷やす際にワインクーラー(バケツに氷)を使いたいけど、普段置く場所に困るし、そもそもテーブルが広くないから邪魔!なんて方のためにおススメなのが、「ルクルーゼ アイスクーラースリーブ WA126 チェリー」


使い方は簡単で、これを冷凍庫で6時間ほど冷やしてボトルの上からかぶせるだけ。これをかぶせるだけで冷えた状態を2~3時間保てます。2時間もあれば1本飲めちゃいますよね。それにこれなら冷凍庫に入れっぱなしにできるので邪魔になりません。しかも、ワインにもシャンパンにも使えるのがこれまた良い!
※色選べます。

最後に

いかがでしたでしょうか。
これからワインを始める参考になれば幸いです。

また、どんなワインを飲んだら良いかわからない場合はおススメの赤ワインを紹介した記事がありますのでそちらを参考にしてみてください。