癒されたい味のりのブログ

あなたに【笑える一時】と【真面目に考える時間】を提供します 。

五月病とは?原因と症状をチェック!対策・解消法は?

人気記事セレクション

スポンサーリンク

あなたは5月病という言葉をご存知ですか?一度は聞いた事がある事でしょう。今回は五月病は何か?なぜなってしまうのか?対策はあるのかどうかについてお話します。

まず最初に知っていただきたいのは、「五月病」という病は存在しないという事です。ただ、そういう病がないからと言って、気の持ちようだとか甘えだとか簡単に決めつけるのは早計です。


五月病は放っておくと最終的には「適応障害」や「うつ病」と診断される事が多く、つまりは五月病はうつ病の前触れなのです。

なので、きちんとした知識を持っておくことが後々の生活に役立つでしょう。

五月病は、仕事や学校などで環境が変わり、4月からの心機一転の生活に張り切って生活をしていたのだけれど、5月の連休明けから何となく気分が落ち込んで、学校や仕事場に行きたくなくなるという精神状態に陥る事です。

つまり、5月のゴールデンウィーク明けになる人が多いから5月病と名前がついているのですね。ただ、五月病と名前はついてはいますが、一年中通して発症する可能性のあるものです。

では、どうしてそんな精神状態になってしまうのでしょうか。

原因

主な原因はストレスです。4月は新しいシーズンとも会って歓迎会や様々なイベントが開催されたり、孤立しないようにとせっせせっせと友達作りに勤しんだりと、新しい環境にについていこうとして、焦りやストレスからストレスを溜め込んでいってしまうのです。

特に、几帳面で完璧主義な人は頑張ろう頑張ろうと必要以上に自分を追い詰めてしまい、ストレスを溜め込み、症状として表れてしますのです。

5月に多く症状が出る人が多いのは、こういった理由でストレスを日々知らず知らずの内に溜め込んでしまい、その溜め込んだストレスが5月の連休でドッと出て来てしまうものと考えられています。

症状

症状としてはやはり鬱に似たような症状があげられます。

症状は心に出る症状と、体に出る症状に分かれます。

【心に出る症状】
・悲しい気持ちになって気分が落ち込んでしまう。
・物事に集中が出来ず、また判断能力が落ちる。
・今まで好きだった趣味にやる気がでず、何をしてもつまらない。

【体に出る症状】
・疲れが全く取れない。
・食欲がない。
・体を動かすのが億劫になる。
・寝ても寝ても眠い。又は、全く眠れない。

対策・解消法

対策としてはストレスをためないのが一番の対策であり、また解消法でもあります。

人間は誰にも言わずに溜め込むとストレスが加速していってしまいますので、なるべく友達と話すようにして、そこでいっぱい愚痴を吐くのも一つの手です。

ドライブに行ったり、温泉に行ったり、ショッピングに行ったりと、ストレスをなるべく発散して最初の1か月を乗り切りましょう。

ただ、忙しい職業だったり、休日に休みが取れずに友達と時間を合わせられないという人も多いですよね。そこで、休日に1人でも楽しめる方法を記事にしましたので、そちらをぜひ参考にしてみてください。


また、実は食事も非常に重要です。と言うのも、鬱状態の場合、脳内にあるセロトニンという物質が不足していると言われています。ですのでセロトニン生成に必要なトリプトファンを多く含むものを食べるのも五月病の対策・解消法において重要です。

トリプトファンを多く含む食材は主に以下の通り。

・牛レバー
・ナチュラルチーズ
・ごま
・納豆
・アーモンド

1日の接種の目安としては成人男性が100mgで、鬱対策はその10倍の1000mg以上とされてます。100mgはナチュラルチーズ30g程度なのでそんなに難しくはなさそうですね。

最後に

4月からの1か月は環境に慣れずにいろいろ大変だと思いますが、乗り切っていきましょう。